2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s

 

35歳の女性ですが、大人ニキビの頻繁な出現に悩まされています。
敏感肌が30代を越えたあたりからどんどんひどくなってしまい、近年ではメイクもできない状態になってしまいました。

 

それでも素肌はきれいに保たなくては、と冬以外の季節はまめに日焼け止めを塗っていました。
気を付けて、自然派のノンケミカル日焼け止めを選んだりしていたのですが、それでも「顔に負担がかかっているなあ」という気がしました。

 

日焼け止めを塗ると、ニキビの発生率が上がり、さらにニキビまでいかなくともふつふつとした赤い湿疹状の肌荒れがしょっちゅう出現しているのです。
しばらくしてから、「この肌荒れ・ニキビって、日焼け止めのせいでできているんじゃ?」と思い当りました。
その後、いくつもの『肌に優しい』日焼け止めを選んだのですが、どれを使っても一様にニキビ・肌荒れの発生は止まりません。

 

ある時、やや自暴自棄ぎみになり、「もう、結局荒れるだけなら日焼け止め要らない!」と、日焼け止めをつけずに帽子をかぶって出かけた所、ものすごく調子がいいことに気が付いたのです。

 

肌のべたつきが気にならず、出た汗をタオルでふいたときの心地よさ。
何だ、これでもいいんじゃないか…と思えました。

 

その後、私はつば広の帽子やサングラスなどの物理的な日焼け対策で外出し、帰宅後に時々ビタミンCローションなどで日焼け後ケアを行っていますが、「日に焼けた」という印象はなく、むしろ肌荒れのおさまった健康的な肌へと移行しつつあります。

 

とても調子がいいので、これからはこういった方針で日焼け対策をしようと考えています。