89112ab72b23b8792e786668a470ecc2_s

 

私が思うに、メイクというのは二種類あります。

 

アイメイクをがっつりするか、否かです。
今回は後者の方のお話をします。

 

アイメイクをばっちりしないということはつまり、濃い色のアイシャドウを塗らないということです。

ということは、アイシャドウの色でその日の服装に合わせたり個性を発揮したりすることができません。
そういうときに重要になってくるのが、唇だと私は思います。

 

たとえば、口紅にするかリップにするか。

 

口紅の方がきっちりしたイメージだし、強い赤だと派手なイメージになって、大人しい服には合いません。
ふんわりしたノンノモデルみたいな格好がしたいなら、口紅は薄いピンク。

でも私みたいに唇の色が元から濃い人は、ピンクの唇が目立ちません。

 

そこで、リップグロスに頼ります。
リップグロスならラメが入っていたりツヤツヤしたりして、お洒落してる感は抜群です。
色・ツヤ具合・ラメの有無によって個性も出せます。

 

アイメイクを濃くしない人のポイントは、リップメイクなのです。

 

リップグロスの中でも、おすすめなのが、やっぱりディオールです。
色の種類もたくさんあるし、他のブランドのリップグロスより落ちにくいのが魅力。

 

以上、私がメイクするときにいつも気を付けていることでした。